AWS 認定デベロッパー – アソシエイトに合格しました

はじめに

前回に引き続き、1ヶ月かけてアソシエイト3冠を取ったので、試験の感想やどういった勉強をしてきたかを書いていきたいと思います。

前回の記事はこちら

今回はAWS 認定デベロッパー – アソシエイトについてまとめます。

試験内容

今回受けてきたのは2018年6月にリリースされた試験になります。 前のバージョンも11月まで受けることができますが、最新の情報も含めて勉強するために新しいバージョンを受けてきました。

AWS 認定デベロッパー – アソシエイト

新しいバージョンからはサーバレスアーキテクチャやコンテナ、マイクロサービスなどの分野が追加されています。 他の記事ではSysOpsとデベロッパーは殆ど変わらないとありましたが、新しいバージョンで受けたからか殆ど違う内容となっていました。

試験内容は上記リンクにある[試験ガイド]で見ることができます。

費用

今回の試験でかかった費用は以下になります。

  • 本試験:15,000 円
  • 模擬試験:2,000 円

デベロッパーについてはWeb問題集はありませんでした。

学習期間

SysOpsを取ってから2週間

試験結果

スコア:773 スコアは100~1000の間になり、合格に必要な最低スコアは720でした。

関連するサービス

私が受けた感じでは以下のサービスに関する問題が多かったです。

lambdaを中心としたサーバーレスアーキテクチャで利用されるサービスが含まれます。 CognitoやDynamoDB等のフルマネージドサービスのためサーバーレスアーキテクチャの一部として含まれています。

勉強方法

デベロッパーでは各サービスの設定内容やAPIの使い方も問われるので、実際にAWSを触りながら覚えていくといいかと思います。

まったく触ったことがなく取っ掛かりが掴めないようでしたらDevelopers.IOを見てみるのをお勧めします。 特集カテゴリから関連するサービスの一覧を順に読んで行けばサービスの役割から使い方まで一通り理解することができるかと思います。

dev.classmethod.jp

lambdaを中心として各サービスをどうやって連携させていくかといったことも問われるので、実際の活用事例なども調べるといいかと思います。

申し込み方法

こちらからアカウントを登録して申し込みをすることができます。

Get Certified | AWS Training & Certification

試験当日

場所は前回と同様に銀座にある銀座CBTS歌舞伎座テストセンターで受けてきました。

試験には写真付き身分証明書と、それ以外に本人の名前の入った証明書の2つが必要になります。 私は免許証とクレジットカードを持っていきました。

試験会場内は身分証明書以外の持ち込みは禁止されていて、荷物やポケットの中身をすべてロッカーに入れてから入室になります。 トイレに行く場合も会場にいるスタッフに声をかけて席を立つ必要があるため、試験の前にトイレを済ませておくことをお勧めします。

試験結果の発表

試験が終わるといくつかのアンケートがあります。 アンケートに答えた後に合格か不合格かが表示されますので帰る前に必ず確認しましょう。

スコアなどは後日コンソールで確認することができます。

まとめ

サーバーレスアーキテクチャはとても難しいものだと考えていましたが、ベストプラクティスが分かってしまえば簡単に使えるうえに、フルマネージドな分運用も楽そうだということが分かりました。 Cognitoは認可・認証・会員登録などをサポートしてくれるサービスですが、SNS連携や独自デザインの会員登録画面作成も行えますし、ALBと連携することでAPIアクセスでないWebサイトの認証で使うこともできます。 機能が足りなくて困るということもあまりなさそうですし、機会があれば使ってみたいですね。

おまけ

今回は合格祝いに梅林で豚カツを食べてきました。 お肉が柔らかくてとてもおいしかったです!

tabelog.com